2018年4月14日

今年も新茶の季節がやってきた! 新茶取引日決定&茶畑生育状況レポート

有名な「茶摘み」の歌にもあるように、夏も近づく八十八夜、4月と5月は新茶がやってくる季節です。

2018年の八十八夜は5月2日、各茶産地から「新茶の初取引」と「生育状況」の便りが届きましたので、お知らせしていきましょう。

静岡茶市場、今年の新茶初取引は?

まずは、静岡新聞より、今年の新茶初取引セレモニーの日程が決まったニュースを引用します。2018年は4月18日が初取引とのこと、皆さんのご自宅にフレッシュな新茶が届くのもまもなくです!

写真:静岡新聞記事

同様に、鹿児島では初取引が4月5日、福岡県の八女では、初取引が4月16日に決まっています。

JA遠州中央生育状況について(平成30年4月6日現在)

つづいて、静岡県から茶畑の生育状況が写真付きレポートで届きましたので、地区別にご紹介します。

写真は昨年度のものが左側、今年度のものが右側で、生育状況を比較できるようにしてあります。

磐田地区

【品種】おおいわせ 本年摘採予想 4月12日 【昨年対比】8日早い

写真:新芽状況比較写真 磐田地区

豊田地区

【品種】おおいわせ 本年摘採予想 4月8日 【昨年対比】10日早い

写真:新芽状況比較写真 豊田地区

袋井三川地区

【品種】やぶきた 本年摘採予想 4月22日 【昨年対比】10日早い

写真:新芽状況比較写真 袋井三川地区

森地区

【品種】やぶきた 本年摘採予想日 4月20日 【昨年対比】10日早い

写真:新芽状況比較写真 森地区

天竜只来地区

【品種】やぶきた 本年摘採予想 5月1日頃

写真:新芽状況比較写真 天竜只来地区

生育概要

気象状況も順調で、生育も新芽にストレスなく順調に推移しております。

平坦地については、7日から10日程度、山間地については2日程度早い摘採予想となりそうです。昨年の生育が遅めに推移した分、非常に早い生育状況ですが、平年と比べ5日程度早めの作況です。

このまま順調に気象が推移し、香り、味、水色ともにすばらしい内容のお茶が生産されることを期待しております。

オススメ

動画で学ぼう!「日本茶の美味しい淹れ方」

動画で学ぼう!「日本茶の美味しい淹れ方」

食育事業

先生必見!日本茶で食育授業

先生必見!日本茶で食育授業

組合認定店を「名前で探す」

組合認定店を「名前で探す」

組合認定店を「地域で探す」

組合認定店を「地域で探す」

組合認定店を「最寄り駅で探す」

組合認定店を「最寄り駅で探す」

美味しいお茶の淹れ方

美味しいお茶の淹れ方

お茶を使ったレシピ

お茶を使ったレシピ

食育への取り組み

食育への取り組み

お茶の保存方法

お茶の保存方法

お茶のトリビア/コラム

お茶のトリビア/コラム

メディア掲載

メディア掲載

私たちはお茶のプロです

私たちはお茶のプロです

茶器と急須

陶製急須のトリビアあれこれ

イベント情報

イベント情報

その他

その他