2011年12月28日

[2011年]第58回全国茶審査技術競技大会東京大会レポート

2011年9月11日、ホテルイースト21東京にて、「全国茶審査技術競技大会」が開催されました。この大会は全国茶業連合青年団が主催しているもので、明日の茶業を担う若手従事者(生産〜販売)が茶の鑑別能力を競うため、日頃培っている技術を存分に発揮し合う特別な大会となります。

主要地区団にて持ち回りで開催されているのですが、今年は東京茶業青年団の担当ということで、事前練習も特に入念に行われました(練習風景レポートは、こちら »)。

それでは、当日の白熱した競技の様子を、ご覧ください。

広い会場に、主要消費地および主要生産地から120人の選手が集まり、一心不乱に解答していきます。

五感をすべて動員しているので、表情は真剣そのもの。

待ち時間にも緊張感が張りつめます。

お揃いの紫のポロシャツで配茶などを担当するのは、当東京都茶組合の組合員です。こちらも万全を期して待機しています。

粛々と課題のお茶の準備を進めます。

ナンバリングされ整頓された茶筒や、統一された急須類。

係員は、決められた時間で、素早くお茶を淹れます。

そして、素早く選手達に配茶されます

お茶を受け取るときも真剣そのものの選手達。

答えを書き込む鉛筆の音が、静かな会場に響きます。

そんな白熱した会場を固唾を飲んで見守る審査員。

課題のお茶は、「花」「鳥」「風」「月」「客」という符丁で管理されています。

同じ符丁を表す銀色のシールが選手達には配られており、解答に使用します。

決められた箇所に解答のシールを貼る選手。

正解発表も「花」「鳥」「風」「月」「客」を使います。

いよいよラストスパートの会場。

紫色の立派な優勝旗。

そして、輝くトロフィーを受け取るのは、どのチームでしょうか。

競技終了後の採点が、厳密に行われます。

結果発表。皆さん口々に語り合いながら、張り出された結果を眺めます。

そして表彰式。今年の団体戦の結果は、「優勝:静岡県茶業青年団」「準優勝:京都府茶業連合青年団」「3位:東京茶業青年団」となりました。努力の成果が現れた瞬間、おめでとうございます!

オススメ

動画で学ぼう!「日本茶の美味しい淹れ方」

動画で学ぼう!「日本茶の美味しい淹れ方」

食育事業

先生必見!日本茶で食育授業

先生必見!日本茶で食育授業

組合認定店を「名前で探す」

組合認定店を「名前で探す」

組合認定店を「地域で探す」

組合認定店を「地域で探す」

組合認定店を「最寄り駅で探す」

組合認定店を「最寄り駅で探す」

美味しいお茶の淹れ方

美味しいお茶の淹れ方

お茶を使ったレシピ

お茶を使ったレシピ

食育への取り組み

食育への取り組み

お茶の保存方法

お茶の保存方法

お茶のトリビア/コラム

お茶のトリビア/コラム

メディア掲載

メディア掲載

私たちはお茶のプロです

私たちはお茶のプロです

茶器と急須

陶製急須のトリビアあれこれ

イベント情報

イベント情報

その他

その他