2018年3月10日

東京マラソン2018「東京がひとつになる日」日本茶で応援&おもてなし@茶ノ木神社

2018年2月25日、気温6℃の寒空ではありましたが、くもり・低温・無風とマラソンには良いコンディションの中、東京マラソンがスタートしました。今年は、東京オリンピックを想定した運営が注目を集めていたそうです。

人形町にある茶ノ木神社は、2014年から公益社団法人日本茶業中央会、特定非営利活動法人日本茶インストラクター協会と共に、「お茶の木さま」にちなんで、温かい日本茶の呈茶を行っています。ホットなお茶のおもてなしは、カラダを温めるだけでなくホットな応援に花を添え、回を重ねる毎に人気の応援スポットになりました。

写真:美味しそうにお茶を飲むランナー

写真:お茶を配るスタッフ

茶ノ木神社の世話人会と親しい地元の茶商さんが、抹茶をブレンドしまろやかに仕上げた静岡茶を奉納し、東京マラソンにて振る舞います。茶ノ木神社テントでは、世話人会と日本茶インストラクタースタッフが丁寧に元気な接茶をしていました。鮮やかな緑色のお茶は、寒さを吹き飛ばすパワーを秘めるかのように、ランナーへの声援を盛り上げていました。日本人だけでなく海外からの来訪者も多く、海外の方にも大変喜ばれていたようです。ランナーが通過する2時間弱の間に、700杯を越えるお茶が振る舞われました。

写真:笑顔のランナーとスタッフ

また、東京都茶協同組合の鈴木理事がランナーにエントリーしたというニュースを小耳にはさんだ組合の方々もマラソンの応援に集まっていました。鈴木理事は、青のユニホームに身を包み、軽快な足取りで茶ノ木神社スポットに到着し、「お茶の木さまの一杯」を美味しそうに飲み干し、再び軽やかに走り出しました。お茶パワーでフル充電したので、きっと好タイムで完走したことと思います(^O^) カラダが冷え切ってしまったランナーにも、あたたかいお茶はとても好評で、後半にはランナーにも応援の一杯となりました。

写真:みんなで記念写真

東京マラソン大会でも、たくさんの方々のカラダとココロを温める「一杯の日本茶」に出会うことができました。

オススメ

動画で学ぼう!「日本茶の美味しい淹れ方」

動画で学ぼう!「日本茶の美味しい淹れ方」

食育事業

先生必見!日本茶で食育授業

先生必見!日本茶で食育授業

組合認定店を「名前で探す」

組合認定店を「名前で探す」

組合認定店を「地域で探す」

組合認定店を「地域で探す」

組合認定店を「最寄り駅で探す」

組合認定店を「最寄り駅で探す」

美味しいお茶の淹れ方

美味しいお茶の淹れ方

お茶を使ったレシピ

お茶を使ったレシピ

食育への取り組み

食育への取り組み

お茶の保存方法

お茶の保存方法

お茶のトリビア/コラム

お茶のトリビア/コラム

メディア掲載

メディア掲載

私たちはお茶のプロです

私たちはお茶のプロです

茶器と急須

陶製急須のトリビアあれこれ

イベント情報

イベント情報

その他

その他