2011年7月6日

静岡市のお茶は飲んでも大丈夫 ~正しく知って安心して飲んでください~

【当記事は、JA静岡茶指導課の許諾を得て、転載させていただいております。】

静岡市のお茶は飲んでも大丈夫 〜正しく知って安心して飲んでください〜

飲用茶(お湯で抽出したお茶)では、放射性セシウムは荒茶の約85分の1になりますので、お飲みいただいても健康への影響を心配するレベルではありません。

静岡県茶業研究センター(菊川市)の調査

生葉 荒茶(A) 飲用茶(B) B/A
放射性セシウム 111 367 4.3 1/85

単位:ベクレル/㎏

注:飲用茶とは荒茶10gを430ccのお湯で60秒間抽出したものです。

静岡県では県内主要産地の生葉と飲用茶(お湯で抽出した液体のお茶)の放射能を検査し暫定規制値を大きく下回りました。また、仮に食べる事を想定した荒茶・製茶の検査についても暫定規制値を下回りました。

静岡県の県内産地の放射性セシウム検査結果(抜粋)

生葉 荒茶 飲用茶
静岡市(葵区、駿河区) 117 413 5.7
静岡市(清水区) 139 368 10.9
暫定規制値(準用値) 500 500 200

単位:ベクレル/㎏

静岡市のお茶はお飲みいただいても健康への影響は心配がないことが確認されています。

仮に暫定規制値(500ベクレル/㎏)のお茶を毎日10g1年間食べた場合でも胸部レントゲン検査1回(0.05~0.1mSv)より少ない被ばく線量となります。

ph20110707-001.gif

1 健康への影響

 (1)暫定規制値の 500ベクレル/kgの放射性セシウムを含有する製茶を、毎日10g、1年間にわたり食べ続けた場合、人体が受ける年間被ばく量は約0.02ミリシーベルトで、国が示す年間1ミリシーベルトを大幅に下回ります。

【計算式】 0.013(実効線量計数)×500(暫定規制値のお茶の放射量濃度Bq/ kg)

×0.01(一日に摂取する茶葉のkg量)×365(日)≒ 23.7μSv ≒ 0.02mSv

 (2) 500ベクレル/kgの放射性セシウムを含有する製茶を、茶葉10gを430mlのお湯で抽出し、毎日1リットル、1年間にわたり飲み続けた場合、人体が受ける年間被ばく量は約0.03ミリシーベルトで、国が示す年間1ミリシーベルトを大幅に下回ります。

【計算式】 0.013(実効線量計数)×500(暫定規制値のお茶の放射量濃度Bq/ kg)

÷85(注1)×1(一日に飲むお茶のkg量)×365(日)≒ 27.9μSv ≒ 0.03mSv

注1 食品衛生法では茶葉10gを430mlのお湯で抽出することとあり、茶葉からのセシウム溶出量を半分とした場合の減少量1/86を単純化して1/85とした。

【参考】

自然放射線量・・・人が宇宙や大地、食物等から受ける自然放射線は、世界の平均で約2.4mSv、日本の場合は約0.9〜1.2mSvと言われています。

人工放射線量・・・1回の胸部レントゲン検査 約0.05〜0.1mSv

胃のエックス線検査  約0.6mSv

航空機 東京〜ニューヨーク 片道 約0.1mSv

出典:食品安全委員会資料(H23.3.16作成、H23.6.13更新)を基に静岡市作成

オススメ

動画で学ぼう!「日本茶の美味しい淹れ方」

動画で学ぼう!「日本茶の美味しい淹れ方」

食育事業

先生必見!日本茶で食育授業

先生必見!日本茶で食育授業

組合認定店を「名前で探す」

組合認定店を「名前で探す」

組合認定店を「地域で探す」

組合認定店を「地域で探す」

組合認定店を「最寄り駅で探す」

組合認定店を「最寄り駅で探す」

美味しいお茶の淹れ方

美味しいお茶の淹れ方

お茶を使ったレシピ

お茶を使ったレシピ

食育への取り組み

食育への取り組み

お茶の保存方法

お茶の保存方法

お茶のトリビア/コラム

お茶のトリビア/コラム

メディア掲載

メディア掲載

私たちはお茶のプロです

私たちはお茶のプロです

茶器と急須

陶製急須のトリビアあれこれ

イベント情報

イベント情報

その他

その他